歯石取りを行う場合のポイント

歯石を取ることで得られるメリット

歯石ができるまで

どれだけブラッシングしても残る歯石。
この歯石は一体、どのようにして誕生しているのでしょう。
歯石のもとは、歯に溜まった歯垢。
この歯垢が固まってできたものが歯石です。
お口の中の構造を簡単にご紹介しますと、私たちが食事をした後、お口の中には食事によって残った食べもののカス等の歯垢が存在します。
カスや歯垢は、お口の中に住み着く虫歯菌によって酸となるのです。
そして酸は歯や歯茎に付着して虫歯や歯周病を引き起こしますが、唾液のアルカリ性によって酸性が中性化されることで虫歯を予防する再石灰化が進みます。
この再石灰化が歯石の原因になっています。
虫歯にならないようにと再石灰化が進むことで虫歯はできにくくなるのですが、その分歯石が増えてしまうのです。

なぜ歯石除去すべきか

虫歯と戦った後なのだったら、歯石自体は悪いものではないのかと考えるかもしれませんが、そうではありません。
歯石が残っていることで、お口の中は健康的ではないといえるのです。
なぜなら、歯石があると新たな歯垢が生まれやすく、汚れが付着しやすい環境になります。
しかも歯石は歯垢だけでなく血液からも生まれます。
歯茎の出血があればそこから歯石が誕生することもあります。
出血そのもの原因が明確にならず歯石が残ってしまうと、例えば出血の原因である歯周病が放置されるといったケースも起こりうるのです。
つまり歯石があることで、お口のトラブルの原因を見つけられない場合、また口臭などの別のトラブルを引き起こす可能性も高いため、定期的な歯石除去は欠かせないものといえます。