歯石取りを行う場合のポイント

歯医者での歯石取り

歯医者さんが行う歯石取りとは

歯医者さんで行われる歯石取り。
長年放置した歯石を短時間でしっかりキレイに除去してくれるため、定期的な歯石取りはお口の健康を維持する上で欠かせない方法ともいえます。
歯医者さんでの歯石取りには複数の方法を用いて行われています。
例えば歯茎よりも上の方の歯に付着した歯石と、歯茎から下にこびり付くようにして付着した歯石の取り方は違います。
変えることで歯茎を傷つけることなく、またしっかりと付着した歯石も取ることができるのです。
一般的には超音波スケーラーと呼ばれる専用のスケーラーが使われています。
超音波の振動と水の力で歯石を砕くため、歯や歯茎への負担が少なく痛みを感じづらい施術を受けることができるものです。

こびり付いた歯石も頑固なものも除去できる

歯医者さんでは特殊なスケーラーに加えてマイクロスコープを活用して歯石取りを行うことができます。
このマイクロスコープは手術などを行う際に活用される顕微鏡です。
周囲を明るく照らしているため、単に拡大して見るだけでなくしっかりと細かな部分も見ることができます。
つまり細部まで歯石を見つけて除去できるということです。
加えて歯周ポケットの中まできれいにしていきます。
一般的に販売されているスケーラーを専用のスタッフが使って丁寧に歯周ポケットを除去してくれるため、傷つけることなく歯や歯茎の周辺をきれいにします。
そして歯石が頑固にこびり付いている場合でも、歯医者さんではレーザーやフラップ手術といった専用の手法によって歯石除去を行います。