歯石取りを行う場合のポイント

歯石はこまめに除去しておこう

セルフで歯石を取る方法

毎日ブラッシングしているのに、歯間や歯の裏側に歯石がついてしまう。
これは誰もが起こりうる問題です。
隅々まで細かく歯ブラシをあて、小さなすき間を丁寧に磨いても歯石は生じます。
つまり毎日のブラッシングでは歯石は取れないのです。
どれだけマメにキレイに歯石取りをしても、歯石はブラッシングで除去は不可能ともいえます。
歯石をセルフで取ろうと思うなら歯ブラシではなく、歯石取り専用のアイテムが必要です。
歯石を除去するのはスケーラーと呼ばれる器具です。
こちらは一般のオーラルケア販売店や日用品売り場でも販売しているものです。
歯医者さん以外でも購入可能と手に入りやすいアイテムでもあります。
このスケーラーは、金属で作られ歯石を削りやすいよう先端が細くなっているものです。

セルフで行う場合の注意点

どこでも購入可能なスケーラーですが、取扱いには注意が必要です。
なにしろお口の中はとてもデリケート。
スケーラーの先端は細くなっているものですから、力加減を誤ると歯や歯茎を傷つける恐れがあります。
そのため、セルフで行う場合にはスケーラーを当てる力加減に細心の注意が必要となります。
まずスケーラーを使う前に消毒用のアルコールやエタノールでスケーラーの先端を消毒しましょう。
コットンやティッシュに含ませてスケーラーの先端を拭くことでキレイに消毒できます。
つぎに消毒したスケーラーをお口にいれ、鏡を見ながら歯の間の歯石にスケーラーを当ててこそげるように少しずつ歯石を除去しましょう。
ただし力加減を誤ると歯や歯茎を傷つけてしまいます。
こそげる際には少しずつ、慎重に行う方が賢明です。